記事詳細

芸能リポーターの地方進出で思わぬ影響、原田龍二の会見も (1/4ページ)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は芸能リポーターを取り巻く最新事情について。

* * *

 南海キャンディーズの山里亮太と蒼井優の結婚発表は、久しぶりに著名な芸能リポーターが勢揃いした会見だったと思う。

 日本中が驚いた大物カップルの電撃婚だったから?

 まぁ、それが最大の理由だが、6月5日(水)の夜…というスケジュール設定が絶妙だったと思われる。多くの著名リポーターが東京にいる“曜日”だったからだ。

 在京局のワイドショーが芸能を扱わなくなって久しい。たとえば『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)は「大物の訃報しかやらない」(リポーター談)。だからレギュラーの芸能リポーターは全くといっていいほど出演がない。

 ◇地方のテレビ番組から引っ張りだこ

 というわけで、芸能担当のリポーターは、系列の地方局(大阪や福岡)のワイドショーに出演。「系列でなくても構わない」と上から言われ、他の地方局に出演するケースもあるのだ。

 それでも横並びでトップの視聴率を獲得している『羽鳥~』。芸能ナシでも視聴者は付いてくるということで、これは他局のスタッフも興味津々だろう。

 『スッキリ』(日本テレビ系)は『ZIP』の流れから冒頭に芸能がくることも少なくないが、リポーターが解説することは滅多にない。

 同番組は、前身の何本もの番組を含めて井上公造氏がレギュラーだが、コーナーが設けられることが多い月曜日の出演が「毎週」であるとは限らないのである。

NEWSポストセブン

関連ニュース