記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「健康ランド」に広がる妄想…イキたい欲が高まります! (1/2ページ)

★其ノ弐百八拾七

 健康ランドへ行って来ました。

 幼い頃は祖母や親戚の方々に連れられて、秋田の健康ランドや温泉に行き、学生時代は友人や彼と温泉が楽しめるテーマパークに遊びに行き、今は都内の健康ランドに狙いを定め、1人であちこちにはせ参じている次第です。

 最近は温泉やサウナ、休憩所のある大きめな施設を健康ランドとは言わず、「スパ」と呼ぶんだとか。スパ…、なんだか、スパゲティを短縮したような趣を感じ、何となく呼び慣れないのは私だけでしょうか。

 やはり私は世代的なものもあるのか、健康ランドのほうがしっくりくるような気もします。お風呂にサウナにマッサージに、血行を促進して日々の疲れを癒やす…まさに健康に向かって前進する施設なのですから。

 調べてみると、都内にはさまざまな健康ランドがあります。銭湯やジムではない、くつろぎに行く場所として人気があるようです。中には「18歳未満は入館できません」と大人にターゲットをしぼったところもあり、ファミリー層と区別をはかっている様子です。

 それぞれの施設でサービスや設備にこだわっているのが、ホームページをながめていても分かります。サウナが高温になるタイムサービスにアロマの入浴剤や薬湯が日替わりで楽しめるコーナー、選べる館内ウェアも無料で楽しめる…なんてのもありました。

 こういう情報はパソコンから得ています。アクセスしてホームページが分かりやすいものだと、「ああ、こんなきれいなんだ。広そうだ…」と妄想が広がり、行きたい欲が高まります。

関連ニュース