記事詳細

【ぴいぷる】フジテレビアナウンサー・川野良子 ついつい答えを“ポロリ”もあります BSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」で岡田圭右と司会 (2/3ページ)

 「ハハハ、(疲れが)出てますか? 私は“ポロリ”を月曜日から出してしまうこともあるので、そのへんはならせばいいのかなと(笑)。岡田さんも後半になると休憩中にはいすでぐったり。でも収録が始まると不死鳥のようにテンションが上がるんだから、本当にすごいですよ」

 ◆ピンク・レディーの振り付けも完璧

 番組で答えを知っているのは彼女だけ。岡田も答えは知らないそうだ。

 「ヒントも用意されているんですが、やっぱりそれだけでは物足りない。週末に翌週使う問題の一覧が手元に届くんです。だから土日は下調べで必死。解説に使えるようなトリビアチェックはかなりやっていますよ」

 中でもピンク・レディーのヒット曲が問題に出たときは彼女が振り付きで歌い踊るのがお約束。

 「小学校のころ、女のコはみんな踊ってましたよね。ちょっと振りが怪しいところは事前に動画でチェックしています」と踊る気マンマンだ。

 そんな彼女、実はかなりのクイズ好き。小学生のころからクイズ番組を相当見てきたという。ウルトラクイズに100人に聞きました、クイズ・ダービー、連想ゲームでしょ…と指折りながらすらすら。

 「だからクイズ番組の司会をやっているのがすごく不思議で、うれしいんです」

 アナウンサーという職業を意識したのは中学生のころ。NHKの報道番組『ニュースセンター9時』でキャスターだった宮崎緑氏(61)に憧れたという。

 「それまでは公務員になろうと思っていたんですよ。で、こんな仕事もあるんだって知って…。大学に行って、いざ就職活動というとき、大学の就職課でマスコミ講座の存在を知って、じゃあ公務員試験の勉強をしながら受けてみようと思ったんですよね」

関連ニュース