記事詳細

【ぴいぷる】フジテレビアナウンサー・川野良子 ついつい答えを“ポロリ”もあります BSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」で岡田圭右と司会 (3/3ページ)

 実生活では、高校3年と高校1年の息子を持つ母。夕飯の支度をして、子供たちの翌日の巨大な弁当の準備、そして洗濯…と慌ただしく過ごすうち、気がつくと深夜の12時や1時を回ることも。

 「朝早いナレーションの仕事とかあると、ほとんど寝られないこともありますよ。子供たちももう手がかからなくなったかと思いましたが、今も大変ですよ」

 子育ての悩みを聞くと「成長期の息子って足がくさいんですよ。家に帰っているのが分かるぐらい、においのすじが床にすうーってあるんですよ(笑)。このままどうなるんだろうって…」と意外な答え。今は息子たちもしっかり足の裏を洗っているというから、ひとまずは安心だとか。

 いろいろ心配ごとはあるのだろう。でも、番組同様ちょっとやそっとじゃ動じない。

 やはり母は強いのだ。

 ■川野良子(かわの・よしこ) フジテレビアナウンサー。1970年6月14日生まれ、49歳。神奈川県出身。法政大学卒業後の93年4月、ニッポン放送に入社。ニッポン放送時代の出演番組は『加トちゃんのラジオでチャッ!チャッ!チャッ!』など。

 2006年4月、ニッポン放送の組織変更に伴い、フジテレビに移籍。現在はアナウンス室デスク担当部長。

 01年にフジテレビ社員の男性と結婚し、2人の息子の母。

 現在は、BSフジ『クイズ!脳ベルSHOW』のほか、フジテレビ『とくダネ!』のナレーションなどを担当している。

 7月6日放送の『脳ベルヒットスタジオSP』(午後7時)でも岡田とともにMCを務める。(ペン・福田哲士 カメラ・植村光貴)

関連ニュース