記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】「夢の職業」ユーチューバーの落とし穴…再生数稼ぎのために“暴走”も 「ヤラセ、犯罪行為も多い」 (1/2ページ)

 「6月頭にお酒に酔って口論となり相手にけがをさせてしまうというトラブルを起こして、動画投稿SNSなどを控えさせていただきました」

 白シャツにノータイ、グレースーツに身を包んだ甘いルックスの若い男。いったい誰? と思う方もいるだろうが、チャンネル登録者270万人を誇るユーチューバー、ワタナベマホト(26)なる人物。自身のサイトで謝罪し、無期限の活動停止を伝えニュースとなった。

 発端は「週刊文春」のスクープ。ワタナベが東京都港区の自宅で、同棲中の10代の元アイドルA子さんに暴行を加えたとして6月2日、警視庁三田警察署に傷害容疑で現行犯逮捕されたことを報じたのだ。ワタナベの女性関係をめぐって口論となり、逆上した彼はA子さんを殴りつけ、顔を踏みつけるなどの暴行を加え、彼女は全治2週間のけがを負ったという。

 「ワタナベは10年ほど前からユーチューブを始め、2011年からヒカキンが最高顧問を務める事務所UUUM(ウーム)に所属。イケメン・ユーチューバーとして若者人気は絶大です。また13年から『カイワレハンマー』という音楽ユニットで活動し、ワタナベ人気に当て込んだエイベックスが契約、今年8月に楽曲がリリースされる予定でした。しかし今回の騒動で中止になれば、2000万円ほどの損害を被りそうです」(音楽担当記者)

 パティシエやサッカー選手と並び、いまや小学生憧れの職業であるユーチューバー。テレビゲーム攻略法や新製品や玩具の紹介、「行ってみた」「やってみた」などの企画、また女子向けには韓国コスメが人気で、自作の動画を投稿し閲覧者を獲得。一般的には1再生数あたり0・05~0・1円の広告収入を得られるという。

関連ニュース