記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】今50代ベテランバンドが熱い! BUCK-TICK、イエモン、スピッツ…止まらない進化 (1/2ページ)

 50代のベテランバンドが熱く息巻いている。

 新曲『RONDO』がアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(フジテレビ系)のエンディング曲になっているBUCK-TICK。ボーカルの櫻井敦司、ギターの今井寿をはじめ、メンバー5人全員が50代。1985年に現メンバーで結成された。

 子供の頃に『ゲゲゲの鬼太郎』を見て育ったと言う櫻井は「鬼太郎は人間の弱さや愚かさ、悲しみや苦しみ、ささやかな喜び、これらを幼い僕に教えてくれました。今回エンディング曲を歌えたことで、妖怪たちと仲間になれた気がしてとても幸せです」とコメント。

 同じく、今井も「ダークで新しい世界に加われてうれしいです」。

 吉井和哉をはじめ、メンバー4人全員が元メタルバンドのメンバーだったのが“イエモン”ことTHE YELLOW MONKEY。椎名林檎、藤巻亮太ら多くのミュージシャンがその影響を公言し、美輪明宏、桑田佳祐らからの評価も高い。2001年に活動休止後、17年に東京ドーム公演で復帰。最新アルバム『9999』も好評だ。

 奥田民生を中心に1986年にデビューしたUNICORNも93年に解散し、2009年に再結成した50代バンド。今年は再始動10周年、現メンバーで活動を始めてから30周年、さらにメンバーの1人が還暦(60歳)を迎えることで、それらの数字を全部足した『100周年ツアー“百が如く”』のツアー中。

関連ニュース