記事詳細

雨上がり宮迫、闇営業“ウソ釈明”でアメトーク打ち切り必至 すでにスポンサー離れ…謹慎で加速 (1/2ページ)

 最悪の事態を迎えた。吉本芸人を中心とした“闇営業”騒動は、現金の授受が明らかになり、謹慎処分となった「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)。ウソの釈明が明らかになったばかりか、反社会的勢力からカネを受け取っていたという事実は、人気番組の打ち切りにつながりかねない。そのダメージはかなり深い。

 「何より、お金はもらってなかったと明言していたのに、今さら『やっぱり受け取っていました』ということで、世間的なイメージも、スポンサーへの印象も最悪です。金銭の受領については記憶があいまいなので調査中としておけば、まだよかったかもしれない」と民放関係者。

 2014年にお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)が、宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)らを誘い、振り込め詐欺グループの忘年会に参加した“闇営業”騒動。宮迫らは現金の受領はなかったと釈明していたが、それがウソだったことが明らかになってしまったのだ。

 芸能評論家の肥留間正明氏は「闇営業に行ってカネをもらっていないわけがない。特に問題なのは、今回の相手が振り込め詐欺グループだということ。受け取ったカネは、人からだまし取ったカネだということですから、ある意味、大麻よりも社会的な批判はより大きいだろう。謹慎ということだが、たとえ謹慎が明けても、テレビ界に戻ってくるのはかなり厳しい」と指摘する。

 さらに「反社会的勢力からカネを受け取っていたわけですから、本来であれば、解雇になってもおかしくない。むしろ謹慎処分ですら甘いのでは」と疑問を呈する。

関連ニュース