記事詳細

元ももクロ・有安杏果さんのインタビュー記事に批判殺到 「4人にも関係者にも推してくれてた人にも失礼すぎる」賛否両論 (1/3ページ)

 有安杏果さんの『グループとしての活動は大人が用意して、自分たちは演じるだけ。』といった発言が話題になっています。「私の好きだったももクロの有安杏果は演じてただけなの…」「これで叩かれる有安かわいそう。」と賛否が分かれ議論を呼んでいました。

 関連記事:【見えてきた】ももいろクローバーZの有安杏果はなぜ電撃発表から6日後に辞めてしまったのか?【裏事情】

 ももいろクローバーZの緑として活躍し、2018年にグループを卒業してからは歌手や写真家として活動しているという有安杏果さん。写真家として大阪で個展を開いたこと、その心境をインタビューで語っていました。

 その中で、

 『グループとしての活動は衣装もセトリもグッズもライブの構成も大人が用意して、自分たちは演じるだけ。でも、途中からソロ活動も始めたのですが、ソロだと「好きなようにやっていいよ」みたいなところが強かったので』

 『セトリからグッズのデザインまで自分でアイデアを出しました。それで責任感をすごく抱くようになりました。良い反応、悪い評価も全部、私の責任だなって』

 と語っていた有安さん。この言葉の『自分たちは演じるだけ。』の一文に違和感を持ったファンが大勢いたようです。

 おすすめ記事:がっつりビキニのPVを無料配信したアプガ アスリート系アイドルの筋肉の動きに目が釘付け!

 

 

TABLO

関連ニュース