記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】闇営業「まだまだある」うそぶく反社勢力…吉本興業に「逆恨み」も!? (1/3ページ)

 「いったい全体、どないなるんや」

 先週、吉本興業、いや、芸能界全体に激震が走った-。5年前、お笑いコンビ、カラテカの入江慎也(42)ら人気芸人が参加した詐欺グループの忘年会。その半年後に逮捕された彼らは、推定100億円をだまし取った全国規模の詐欺集団だった。

 いわゆる“闇営業”だったこともあり、芸人集めの窓口役、入江は即刻解雇。その後の聞き取りによって金銭授受が判明し、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら計11人が謹慎処分、また同会に参加したワタナベエンターテインメントのザブングルの2人も謹慎処分に。その公表は月曜日、そしてさらに木曜日にはスリムクラブの2人が無期限謹慎処分となった。理由は「フライデー」の記事。

 「3年前、スリムクラブが闇営業で行った先が指定暴力団稲川会の最有力団体の本部長S氏の誕生パーティーだった。千円札をつなげた首飾りをかけられた内間政成(43)は幹部の横に座らされてニコニコしていて、その奥で固まったような表情の真栄田賢(43)が写っている写真が掲載されています」(スポーツ紙デスク)

関連ニュース