記事詳細

【ぴいぷる】賀来賢人「面白い人がカッコイイ」 福田雄一監督からのアドバイスで“コメディー俳優”決心 (3/3ページ)

 さらに、今の彼になる背景には、福田雄一監督からもこんなアドバイスももらったという。

 「俳優で何をしたいのかが分からない時期があって相談したら、『コメディーというジャンルを極めたほうがいい』と言っていただき、頭の整理ができました」

 それで今の彼が存在するのだ。現場では後輩も増え、今度は自分がアドバイスをする番では?

 「芝居の助言って難しいですよね。向こうから聞いてくれないと言えないし、その人が自分でこじ開けたほうがいいから」

 自身も自らこじ開け、先輩たちに食らいついていった。だから親身になったアドバイスがもらえるのだろう。内側に情熱を抱き、邁進してきた人なのだ。

 「結局、努力しないと結果は出ないと思っているので、これからも人一倍努力をしたいです」

 そう話す彼に、「まだまだこれからだ」という意欲が見えた。

 ■賀来賢人(かく・けんと) 俳優。1989年7月3日生まれ、29歳。東京都出身。2009年、映画『銀色の雨』(鈴井貴之監督)で初主演を果たし、12年にはテレビドラマ『クローバー』(テレビ東京系)で主演を務めた。昨年放送された主演ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でドラマアカデミー賞の主演男優賞を受賞した。5~28日に新国立劇場中劇場で、福田雄一演出による舞台『恋のヴェネチア狂騒曲』に出演。公開待機作に、『最高の人生の見つけ方』(犬童一心監督)、『AI崩壊』(入江悠監督)がある。(ペン・加藤弓子 カメラ・寺河内美奈)

関連ニュース