記事詳細

女子アナが体のラインを強調した服で出演するようになった訳 (1/2ページ)

 視聴者からすればタレントのように見える女子アナたちの世界に、ある“変化”が起こっているという。

 たとえば、この6月に『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ(34)は、大きくワキの空いたノースリーブ姿で登場し話題となった。ほかにも、テレビ朝日の三谷紬アナ(25)は、『やべっちFC』出演時に大きな胸が強調されるようなシーンも放送されている。

 三谷アナは入社3年目だけに、今後活躍の場を広げていくことになるだろうが、その人気ぶりは、テレビ業界の“定説”に反するものだ。ベテランテレビマンが話す。

 「“セクシー系アナは人気が出ない”とこれまではテレビ界で言われてきた。そもそも、“女子アナ”という存在が確立されたのが1980年代の初めくらい。その頃はとにかく知性やアナウンス技術が重視されていて、胸が目立つようなセクシーさを出そうものなら、女性視聴者から嫌われると考えられていた」

 そこから、“女子アナと胸”の関係は変わっていく。1990年代にアイドル化がすすみ、女子アナの主戦場がバラエティ番組に移った。コスプレをしてアイドルのように歌い、男性視聴者を魅了した。その頃は女子アナのスタイルも“武器”になった。

 「でも、それはただ女子アナを消耗品として扱っているに過ぎず、年を取れば“サヨナラ”。『30歳定年説』が囁かれるようになったことで、当の女子アナたち自身が“ビジュアルを売りにすれば、自分たちの賞味期限を早めるだけ”だと気付いた。それからは、たとえ巨乳でも、それをひた隠しにしようとする時代が長く続いた」(別のテレビ局員)

 胸が小さく見えるよう小さめのブラジャーをつけ、お辞儀しても谷間が見えないよう、胸元と衣装の裏地をガムテープでくっつけるのは当たり前。

NEWSポストセブン

関連ニュース