記事詳細

【ぴいぷる】美人すぎるバイオリニスト・岡部磨知、楽しく弾き気持ち奏でる 「歌うように弾く音色で元気になって」 (3/3ページ)

 武田真治とパーソナリティーを務める音楽情報番組「楽器楽園~ガキパラ~」(文化放送)は5年目。ゲストのアーティストにちなんだ曲などを生演奏するコーナーもある。

 「生セッションは緊張しますが、すごく度胸がつきました。ラジオは小さいころから聴いています。世代を超えた曲、知らない曲と出合えるところがいいですね」

 ■激辛料理食べ赤提灯で一杯テンションアップ

 激辛好きで、世界一辛い唐辛子といわれたハバネロを自家栽培する。

 「激辛料理はほぼ毎日食べてます。絶叫アトラクションに乗っているような感じで、テンションが上がります」

 赤ちょうちんも大好きで、激辛料理やモツ煮、魚卵で焼酎を一杯。「オヤジみたい」と言われる。

 「お酒の失敗は数知れず。高額なバイオリンを忘れて帰ったことも何度かあって。反省してます」

 漫画は3000冊近く所有。練習の合間に読んでいる。

 「ペルシャ猫を飼っていて、猫を題材にした漫画も好きです。桜井海さんの『おじさまと猫』はおじさんの孤独と猫の切なさに泣けましたね。いつか猫をテーマにした曲も作りたいです」

 今後は違う楽器とのコラボなどを予定している。音楽が日々の生活の中にどう寄り添えるのか、追求したいという。

 「私は口下手なので、言葉ではうまく伝わらない気持ちをバイオリンで表現したいですね。ライブを聴いた方に、ハッピーな気持ちで帰っていただきたいです」(ペン・鈴木恭平/カメラ・飯田英男)

 ■岡部磨知(おかべ・まち) バイオリニスト。年齢非公表。茨城県日立市出身。桐朋女子高校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業、同研究科修了。在学中から演奏やモデルの仕事まで幅広く活動。2014年、アルバム「Neo Nostalgia」でメジャーデビュー。昨年はフルオリジナルアルバム「プリズミラクル」をリリース。文化放送「楽器楽園~ガキパラ~」のパーソナリティー、フジ系「とくダネ!」準レギュラー・コメンテーター。趣味は漫画を読むこと、お酒、激辛料理。特技は漫画や小説の速読。

関連ニュース