記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】もっと大きいのが欲しい…なんと素晴らしき“接触冷感” (1/2ページ)

★其ノ弐百九拾壱

 先日、とある駅ビルの中にある雑貨店で、冷房対策のために、夏用ショールなるものを叔母クーミンに買ってもらいました。

 世間はもっぱらエコ推進的な流れですが、やはり空調をすべてエコモードにすることは難しく、冷風と熱風の間で悩ましい攻防戦が繰り広げられているそうです。エアコンひとつとってもいろんな意見がありますし、いろんな服装の方々が生活する社会ですからね…。

 そんな内情もあり、どんな唐突な寒さにも対応できるようにと購入したショールですが「夏用」という宣伝文句が少し気になりました。

 しかし、その雑貨店で扱っていたショールは夏用メインでしたので、せっかくだから…と手を伸ばした(そしたら買い物中のクーミンが「ついでに買ってあげる」と言うので甘えたのですが)次第です。

 自宅に持ち帰り、商品タグを細かくチェックしてみると、“接触冷感”という触れたら冷たく感じる快適素材を使用したショールというものでした。触れたら冷たく感じる素材を、クーラーのきいた部屋で使うとどうなるのか…。

 あれ? これ結局、寒さ対策になってないんじゃない? という不安がよぎります。しかし買ってもらったからには使ってみなくてはと思い、時を待ってかばんに忍ばせておりました。

関連ニュース