記事詳細

【芸能ニュース舞台裏】安住アナ“あおりすぎ”重大発表に批判の声 本人も「やりたくない」と…

 「本来ならたたかれるやり方。世間の空気を読み違えているんでしょうね」

 スポーツ紙放送担当記者が批判するのはTBSの看板番組『ぴったんこカン・カン』のこと。安住紳一郎アナ(45)に関する重大発表があるとアナウンスしたが…。「東京五輪番組の総合司会に就任するというものであおりすぎ」と前出の記者。

 「安住アナもラジオでそういうやり方はよくないと制作側に言ったが受け入れられなかったと裏話を明かした。視聴者の反感を買うことに気づけないズレが問題。長い目で見れば番組ブランドを傷つける」とも。

 「緊急発表」仕立てで落語家、春風亭昇太(59)の結婚を発表した日本テレビ系『笑点』に比べると、何とも野暮というか…。(業界ウォッチャーX)

関連ニュース