記事詳細

宮迫博之が謝罪会見「大騒動になったのは僕のせい」 金銭の授受でウソ「怖かった」 記者会見は吉本がストップ

 「(原因は)僕の本当に軽率なウソ。全責任は僕にあります」。芸人による闇営業問題で、契約解除となった雨上がり決死隊、宮迫博之(49)と謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、東京都内で緊急記者会見を開いた。

 2人はいずれも黒のスーツ姿で落ち着いた色のネクタイ姿。最初にマイクを取った宮迫は「詐欺被害に遭われた方々、親族の方々にいやな思いをさせたことをおわびさせてください」と涙声で謝罪し、2人で約10秒間頭を下げた。

 田村も涙声でやや詰まりながら、「僕の弱い部分、人としてだめな部分で不快や不信を感じさせて申し訳ありません」と謝罪した。

 宮迫は今回の騒動を引き起こしたことに、「大騒動になったのは僕の本当に軽率なウソ。全責任は僕にあります。僕のせいです。本当にすいませんでした」と虚偽を認めた。

 さらに金銭の授受で当初、ウソをついたことに対しても「怖かった」と弁明。田村から「お金のことを言いましょう」と説得されたが、それでも「打ち上げ代を出してもらっただけだ」と言い逃れをしていたことを打ち明けた。記者会見については、吉本側が「ダメだ」と取りやめさせたことも明らかにした。

 宮迫は引退は否定したが、実業家としての道も残されている。放送関係者は「今後は東京・五反田にあるタコ焼き居酒屋『みやたこです』をベースに実業家として活動していくのでしょうか。店は一時休業していましたが、現在は再開しています。味はおいしいと評判でグルメサイトでも高評価ですから」と話した。

関連ニュース