記事詳細

加藤浩次、自身の進退「覚悟している」 吉本の改革は「時間かかる」

 極楽とんぼの加藤浩次(50)は26日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」で、吉本が芸人と契約書を交わすことや経営アドバイサリー委員会を設置することなどの方針を示したことについて、「ちゃんとやるためには時間がかかると思う」との見解を示した。

 加藤は「吉本の人も焦らないでいただきたい。しっかり契約を全部作った上で、吉本興業というのはこういう会社になるんだ。芸人をあんな思いさせて勝手に個人で会見を開かせるような会社ではないんだっていう形作りをしっかりしてもらいたい」と注文をつけた。

 自身の進退については「大崎会長、岡本(昭彦)社長が辞めないと僕が辞めるという発言をした。本当にそう思っている。僕自身も覚悟している」と改めて強調した。

関連ニュース