記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】名倉潤が鬱病発症 勇気ある病名告白で救われる人々 (1/2ページ)

 ワイドショーが連日のように吉本興業のスッタモンダを取り上げる中、同じお笑い界から思いがけないニュースが飛び込んできた。お笑いトリオ、ネプチューンの名倉潤(50)が鬱病を発症、リハビリのため8月1日から約2カ月間休養すると発表したのだ。

 名倉は原田泰造(49)と堀内健(49)とともに「しゃべくり007」「あいつ今何してる?」「ナニコレ珍百景」「ジョブチューン」「ネプリーグ」のレギュラーを持つ超売れっ子。2005年に元おニャン子クラブの渡辺満里奈(48)と結婚、一男一女の父親でもある。

 「あの激しいツッコミの芸風から攻撃的に見える名倉ですが、素顔はとても穏やかな性格。夫婦げんかをしないことでも知られ、家庭的ないいお父さんです」(スポーツ紙記者)

 今回の鬱病告白。名倉自身も「少しの間休養させて頂きます。体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」とコメントし再起を誓った。

 「名倉は昨年6月末、頚椎椎間板ヘルニアの手術を受けたのですが、その後投薬治療のため10日間の休養を取りました。手術の経過は良好だったのですが、一方で手術の“侵襲”、つまりダメージを受け、そのストレスが要因で鬱病を発症してしまったようです」(同前)

関連ニュース