記事詳細

【ぴいぷる】“ガガガ”っと成長中! 小芝風花、主演映画「イメージじゃない」批判受けるも…心支えてくれた2人の言葉 (1/3ページ)

 最近、すっかり大人っぽくなったのでは?

 「そうですか、ありがとうございます! 最近はメークや洋服が好きになって、休みの日でも外に出たくて仕方がないんです」

 洋服の好みも変わってきたという。何かいいことがあったのだろうか。

 「今まではジャージー姿でも平気なぐらい、おしゃれに興味がなかったんです。もっと寝ていたいから、お化粧する時間がもったいないと思っていたぐらい」

 ところが芝居の仕事を突き詰めていく中、“童顔”のために年齢よりも下に見られることが多いことにコンプレックスを感じるようになっていた。

 「それがメークひとつで印象が全然変わるんですよ。これが私!? って。それで楽しくなって。今は大人っぽいメークなら、どんな色を使ったらいいのかなどを勉強していますよ」

 メークをしたら、外に出たくなる。これまでインドア派だったが、渋谷などに買い物に出かけるようになった。それにしても、今年1月に主演したNHKドラマ『トクサツガガガ』以降、目立っちゃうのでは?

 「いえいえ、全然気づかれないですよ。変装なんてしませんよ。サングラスもかわいいのを買ったんですが、使っていないです。だって、サングラスなんてかけてたら、調子に乗ってるって思われそうじゃないですか。『サングラスなんかかけなくてもわからへんわ』って思われそうでしょ」とノリツッコミが。

 ノリツッコミといえば、現在放送中のドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)で、おかっぱ頭の女性漫才師、静代を演じている。ドラマは漫才に青春をかける若者たちの姿を描く。自身も大阪出身とあって、劇中では大阪弁で舞台に立っている。

関連ニュース