記事詳細

神通力失った?“視聴率女王”マツコ・デラックスに大逆風! 元スマ3人やN国酷評…人気の“辛口発言”が相次ぎ炎上の火種に (1/2ページ)

 歯に衣(きぬ)着せぬ発言で人気を集めているタレント、マツコ・デラックス(46)に思わぬ逆風が吹いている。これまで共感を集めていたその発言が、相次いで炎上の火種になっているのだ。

 NHKから国民を守る党(N国)の立花孝志代表(51)が12日、マツコが出演する「5時に夢中!」を放送するTOKYO MXのスタジオ前で、「マツコをぶっ壊す」と批判を繰り返した様子を13日付スポーツ各紙が大々的に報じた。

 きっかけは先月29日、参院選の結果をめぐり、マツコが「5時夢」でN国党について「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる」などと発言したこと。これに立花代表が激怒し猛抗議を始めたのだ。立花代表は13日の会見で「MXが謝罪するまで毎週お邪魔する」と突撃デモの継続を宣言した。

 「マツコ人気は辛口批判に共感する人たちに支えられてきた。男性の目線であり、女性の目線でもある。過激な発言も、オネエキャラということで大目に見られてきた」と放送関係者。

関連ニュース