記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】西山茉希さん、外山恵理さん…友達との酒宴で猛暑を乗り切るぞ! (1/2ページ)

 この仕事をしていると雑誌や新聞の取材を受けることがあります。取材場所は喫茶店の「ルノアール」の個室や事務所の会議室などが定番でしたが、最近は私のお店である「スナック玉ちゃん赤坂店」で行うことが多くなりました。オープン前のゆったりとした時間の中での取材。私も心がオープンとなり、喫茶店や会議室よりも本心を語ることができるのです。

 先日、その赤坂店でテレビ取材を受けました。取材というよりも収録です。私の単独の収録ではなく、この日は私のお店に友達が訪ねてきて、私との関係性や、これまでのお付き合いの中での爆笑エピソードをお酒を飲みながら語るという、非常に柔らかい中身の収録でした。

 友達と取材陣がお店にやってくる1時間前にお店に入って、店内の掃除や片付けをしたり、テーブルで2人がお酒を飲むセッティングの雑務をこなしてると、携帯にLINEが入りました。見てみるとLINEの相手の方は、これからこのお店に訪れる友達とついさっき共演し、私の友達の人柄を大絶賛してくれていたのです。これから私と友達が一緒にロケをするのを知っているその方は、友達に「また会いたいと伝えてほしい」というリクエストも添えてありました。

 人から自分の友達の人柄をたたえてもらい、何だかとてもハッピーな気持ちで友達を迎えます。そしてロケ隊を伴ってお店に入ってきたその友達は興奮気味で「玉さん! さっき一緒にお仕事した玉さんとラジオをやっている外山恵理さん、ものすごくくいい人ですね!」と第一声。「ばか野郎! 向こうさんからもさっき、西山茉希さん、めちゃくちゃいい人でした。大好きになっちゃいましたってLINEがきてたよ!」。そうです、最初のLINEはTBSアナウンサーで私とラジオの「たまむすび」で共演している外山恵理さんで、冒頭から書いていた友達というのはモデルの西山茉希(マッキー)さんだったのです。マッキーからラジオのパートナーをしている外山さんをたたえられて、何だかこっちもハッピーな気持ちになり、酒宴の撮影がスタートしました。

関連ニュース