記事詳細

さんま、闇営業問題終息に“反発”の真意「このまま流れて収まってしまうのも嫌やし」 (1/2ページ)

 お笑い芸人による闇営業問題は、吉本興業の芸人11人の謹慎処分が19日から解除されたことで、一応の終息をみせることになる。謹慎芸人らが劇場で先輩芸人らに謝罪する一方、あの大物の発言が物議を醸している。いったい何が起きているのか。

 闇営業問題は大きな節目を迎えた。19日から謹慎が解けた吉本興業所属芸人のくまだまさし(46)やガリットチュウの福島善成(41)らが17日、東京・新宿の劇場「ルミネtheよしもと」を訪れ、大御所の先輩芸人、中田カウス(70)らに謝罪して回った。

 一方、タレント、明石家さんま(64)は17日に放送された関西ローカル局、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、一連の騒動に言及。

 「騒動もやっと収まってきた感じで。これで収めていいのかどうか。復帰できたんで良かったんですけど、こっちサイドは問題山積みで。このまま流れて収まってしまうのも嫌やし」と懸念を示したのだ。

 本来であれば、騒動が終結することは芸人にとっては喜ばしいことなのに、なぜさんまは反発するのか。

関連ニュース