記事詳細

ロック界伝説の名曲「いとしのレイラ」のギター 米競売で1億3000万円落札

 ロック界伝説の名曲「いとしのレイラ」で故デュアン・オールマンが弾いたギブソンのギターが、米競売会社「ガッタ・ハブ・ロック・アンド・ロール」のオンライン・オークションに出品され、125万ドル(約1億3000万円)で落札された。同社が21日明らかにした。

 同社によると、落札されたのはエリック・クラプトン(74)らのバンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」が1970年に録音したアルバムにオールマンがゲストで参加して使用した57年製の「レスポール・ゴールドトップ」という名前のギター。「レイラ」の愛称でも知られる。

 オールマンらのバンド「オールマン・ブラザーズ・バンド」のデビューアルバムなどでも使用され、南部ジョージア州メーコンにある同バンドの記念館に展示・保管されていた。落札者名は明らかにされていないが、1年の半分は記念館での展示を続けるという。(共同)