記事詳細

【ぴいぷる】衰え知らずの創造クリーチャー! 絵画の原点はダリ、音楽の原点は「フォークの神様、岡林信康さん」 特殊メークアップアーティスト、スクリーミング・マッド・ジョージ (1/3ページ)

 今では日本人のハリウッド進出は珍しくないかもしれない。俳優の渡辺謙さんや昨年、日本人で初めて米アカデミー賞メーキャップ&ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘さんらを筆頭に映画の本場で認められた逸材は少なくない。だが、今から30年以上も前から、ハリウッド映画人を驚かせてきた特殊メークの日本人アーティストがいる。

 13年ほど前に帰国し、現在は大阪芸術大学で絵画や立体造形などの製作に取り組む。その生涯の創作活動をたどる個展「スクリーミング・マッド・ジョージ展」(来月16日まで)が、大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)で開催されている。

 「私の創作の原点? 中学時代、画家ダリの作品と出合い、そのシュールレアリスム(超現実主義)の世界に衝撃を受けました」

 画家を志し高校のデザイン科に進学。個展では、高校1年のときに描いた絵画から、ハリウッド時代の造形物、近作の立体造形までが一堂に集められ、会場の壁面や床を埋め尽くす。

 高校時代は漫画家に憧れ、オリジナル漫画の自信作を手に漫画家の仕事場を訪ね歩く。作品の完成度に驚いた漫画家、高信太郎さんから「弟子入りするか」と言われるが、「僕は渡米します」と断った。「無謀な高校生ですよね」と苦笑した。

 高校卒業後、ダリのような画家を目指し、ニューヨークの名門芸術大学「スクール・オブ・ビジュアル・アーツ」に進学し、本格的に絵画を学ぶ。

 「英語が苦手で合格点に達していなかったのですが、これまで描いた私の作品を見て、合格させてくれたんですよ」

関連ニュース