記事詳細

【華麗な転身事情】グラビア・アイドル石川優実 “枕営業”告白文で仕事失い…「#KuToo」で時の人に (1/2ページ)

 グラビア・アイドルで女優としても活動中の石川優実(32)。

 彼女は「日本一暑い」と言われる岐阜県多治見市の出身。デビューは15年前の2004年。主に雑誌「クリーム」「ベッピンスクール」といった雑誌で活躍し「お菓子系アイドルの革命児」として人気となった。

 当時「お菓子系雑誌が行ったアイドル総選挙でダントツ。彼女の登場で壊滅状態だった“お菓子系アイドル”が復活したとも言われました。その彼女を総選挙で抜いたのが、MUTEKIからAVデビューした仲村みうだったんです」(当時を知る雑誌編集者)。

 雑誌だけではなく、イメージビデオも人気で、30本を超える作品を発売している。そんな彼女の考え方に変化が出てきたのは30歳を過ぎてから。

 17年秋。米国のハリウッド女優、アリッサ・ミラノの告白をキッカケに性的被害のキャンペーン「#MeToo」が広がる中、作家で人気ブロガーのはあちゅう氏がネットニュースで過去に受けた“セクハラ”を告白したことに触発された。

 グラビア時代の“枕営業”や“セクハラ”を1万字に及ぶ“告白文”にまとめてネットで公表、同時に「#MeToo」に参加した。

 「自分自身は“枕営業”と思い公表したら、周りから『それは枕営業ではなく性接待の強要』だと言われました」。その上でグラビア時代を振り返り「何が楽しく、何が嫌かを考える余裕すらなかった。周りの大人も私をモノのように扱う人が多かった」という。

関連ニュース