記事詳細

【YFM 夕刊フジmusic】ライブに生きるABTRAのすごみ 「それぞれの音を際立たせながら自然に合っていく」

 ABTRAはライブでのみ存在する。それはCDを出さずとも、どのバンドにも負けない自信があるからだ。

 英ロック・バンド、ユーライア・ヒープのカバー専門という特異性はあるものの、メンバーは80年代を背負ってきたアーティストがそろう。

 A=厚見玲衣は「アラベスク」がヒットしたMOON DANCERのキーボーディスト。B=日下部“Burny”正則(G)は山下達郎、T=寺沢“テラチン”功一(B)は浜田麻里、R=高橋“Roger”和久(Ds)はCharらと共演してきた名手。A=五十嵐“Angie.”久勝は日本のプログレを牽引してきたNOVELAのボーカリストだ。

 「ABTRAは結成6周年。厚見さんが僕に声をかけてくれて始まりました。毎年数少ないライブだけど、リハは1回やれば合わせられる。そのたびにレベルが上がり、本番中にどんどんまとまっていく。みんながいろいろな人のサポートをしているので、適応力がすごいんです」と五十嵐。

 厚見と五十嵐はプログレ、日下部と寺沢と高橋はヘヴィメタの出身。荘厳な様式美と豪胆なリズム隊の結合に、日下部のハード+叙情性あふれるギターが加わり、単なるカバーバンドでないことはすぐに伝わる。ヒープの「July Morning」「Look at Yourself」は本家にも負けない。

 「CDを出そうかという話もしたけど、やはりライブにこだわりたかった。合わせにいくのではなく、みんながそれぞれの音を際立たせながら自然に合っていく。それぞれの闘いもありますよ」

 10月14日に品川インターシティホールで行われる「キング・プログレッシヴ・デイズ」では、熱く語る五十嵐が在籍しているNOVELAの名曲「ILLUSION」が聴けるのも話題。

 「ABTRAのステージでヒープ以外の楽曲をやるのは初めて。ハードに切れて、迫力ある仕上がりになっています」。ライブだけに賭けるバンドのリアルなすごさを体感したい。

 ■10月14日「キング・プログレッシヴ・デイズ」出演
 10月14日、品川インターシティホール、17時開演、前売り8000円
 出演 SENSE OF WONDER、ABTRA、DEZOLVE
 MADS KINGS(難波弘之=Key、厚見玲衣=Key、五十嵐久勝=Vo、西田昌史=Vo、日下部正則=G、山本真央樹=Ds、小栢伸五=B、北川翔也=G)

 ■YFM情報 高嶋政宏MC番組に金属恵比須が出演! 6日夜
 金属恵比須が、高嶋政宏がMCを務める6日放送のBS朝日系「My Anniversary SONG」(22:24~23:24=野球中継の影響で遅れる可能性があります)にスポット出演。8月12日に行われた高嶋とのジョイントライブの映像が流れます。

関連ニュース