記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】心からおめでとう! 一番酒を飲んできた男との人生で一番の「乾杯」 (1/2ページ)

 これまでの人生で何度「乾杯」してきたことでしょう。ことあるごとに酒が入る私ですから「ひとり飲み」以外で飲むとしたら、確実に人と乾杯するわけです。

 スナックを訪れる番組の撮影や「スナック玉ちゃん赤坂店」でのテーブル周り、仲間と飲み屋に行った際なども合わせると、年間で500回を軽く超えているでしょう。

 そんな私との乾杯の回数が一番多い男がいます。後輩の漫才師、ほたるゲンジの桐畑トールちゃんです。

 トールちゃんとの出会いは今から10年前、私がスナックのイベントを始めるにあたり、一緒に酒を飲めて、私のトークの暴走に当意即妙なツッコミを入れるパートナーの芸人を探していたときのことでした。

 何人かの候補がいましたが、実際にその芸人たちと「酒を飲もう」と誘い飲み会(実際はオーディション)をしていましたが、良いパートナー候補が見当たりませんでした。

 そんなある日、楽屋で一緒になったトールちゃんに何気なく「お前、『実話時代』読んでるだろ?」と、私が定期購読している業界雑誌の話をむちゃ振りしてみました。

 するとトールちゃんは「月刊は読んでないですけども、別冊の方は読んでます」と、読者じゃないと分からない、別冊が出ている事実で返してきたのです。私はすっかり「分かってるなぁ~」と関心をしてしまい、そこでスナックのイベントやるので手伝ってくれないかとスカウトしたのです。

関連ニュース