記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】関ジャニ・錦戸退社の真相 アーティスト志向優先で孤立、渋谷脱退が引き金…赤西の影響も? (2/2ページ)

 映画『羊の木』やテレビドラマ『トレース~科捜研の男~』など主演作が評判の錦戸は俳優としても期待されており、ジャニーズ事務所も退社を引き留めたというが、本人の意思は固かったという。

 ◆元KAT-TUN赤西の影響も

 「錦戸が影響を受けるもうひとりが、仲がいい元KAT-TUNの赤西仁(35)。5年前ジャニーズから独立した赤西は、潰れるどころかアーティストとして世界的な人気を得るなど成功を収め、億単位で稼いでいる。渋谷もファンクラブを立ち上げ、すぐに3万人の会員を獲得しており、仮に年会費5000円として計算しても1億5000万円の収入。アイドルらしさを求められ、ジャニーズのルールにがんじがらめになるより、アーティストとして自由にやりたいと思うのが自然の成り行きです」(エンタメ誌編集者)

 はたして錦戸に続き、ジャニーズから独立するタレントはいるのだろうか。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

関連ニュース