記事詳細

立役者は“いかす”あのバンドマン! 東京・狛江市のコミュニティFM、14日開局

 災害時に地域の緊急情報を伝えるための重要な拠点となるのがコミュニティFM。14日には東京都狛江市内にコミュニティFM局「コマラジ」が開局するが、ここに大きくかかわったのはロックバンド、AURAのベーシスト、Marbleだった。

 3年前から有志で準備委員会を立ち上げ、今年5月に狛江ラジオ放送株式会社を設立。今年7月に総務大臣から予備免許を付与され、11月からの本放送に向け、14日に狛江市エコルマホールで開局式と公開収録を行う。最初のパーソナリティ兼開局式の司会はカブキロックスの氏神一番だ。

 『三宅裕司のいかすバンド天国』などでバンドブームを牽引したAURAも今年デビュー30周年を迎えた。

 「氏神さんは、イカ天繋がりやデビュー時のプロデューサーが一緒だったりと、ずっと近い存在だった。今回、開局が決まり、一番最初にパーソナリティーのお願いをしました。そしておめでたい開会式の司会なので氏神さんが一番でしょう」とMarble。

 本放送の開始は、令和元年11月11日11時11分。FM電波の範囲は狛江市内全域と世田谷区、調布市、川崎市の一部。

関連ニュース