記事詳細

【ぴいぷる】前のめりのトップランナー、新海誠「日本のアニメ監督として、世界のアニメ大作と戦える作品を」 (1/2ページ)

 いま、その名を聞くだけで世界中のアニメファンが興奮する監督といっても過言ではないだろう。

 興行収入250億円を超え、国内歴代2位の記録を打ち立てた前作「君の名は。」(2016年)から3年。注目の新作「天気の子」が公開中だ。世界140カ国・地域での公開も決まり、その注目度はさらに加速している。

 「当初、『君の名は。』の興収目標は20億円だったんですよ。だから新作も興収は意識していません。ただ、日本のアニメ監督として、世界のアニメ大作と戦える作品を…という高い志を持って作ったつもりです」

 ◆“日本代表”の気概

 こう語るように今年の“映画夏の陣”は例年になく大激戦だった。「アラジン」「トイ・ストーリー4」、そしてディズニー大作「ライオン・キング」。

 「製作費の規模などではディズニー映画などと比べることができないかもしれない。それでもわれわれ日本アニメーターの創作へ懸ける情熱は彼らに負けていないと思う」

 謙虚だが、日本代表のアニメ監督としての強い意地、気概を漂わせる。

 ◆ワンルームから成功

 これまで、夏と言えば、宮崎駿監督率いるスタジオジブリの新作アニメを家族そろって見に行くことが、風物詩として定着していた。だが14年、ジブリは制作部門の休止を発表。夏の風物詩が消えかかっていたところへ、その2年後、救世主のように現れたのが「君の名は。」だった。

 日本興収記録の歴代1位は宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」(01年)だ。308億円という大記録に、15年ぶりに迫り、宮崎監督の存在を脅かす若き鬼才として一躍脚光を浴びた。当然、新作へ求められるハードルは上がり続けている。

 「プレッシャーは重い?」と聞くと、「私は監督なので正直、興収などはよく分かりません。ただ、私の作品を見るために1900万人もの人が劇場へ足を運んでくれた。社会的意義、観客に対する責任は強く感じています」と覚悟を語る。

 監督6作目にして興収250億円を超えたが、デビュー作「ほしのこえ」(02年)は、ゲーム会社を退職し、自宅のワンルームマンションで1人でパソコンを使って完成させた短編だった。

関連ニュース