記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】いつからこんな風に… “おしゃれ”とはなんぞや (1/2ページ)

★其ノ弐百九拾九

 秋ですね…と言いたいところですが、残暑がまだ続く気配もしておりますので「まだ暑いですね」と言ったほうがしっくりくるような気がします。

 先日も秋のコーディネート特集が組まれた雑誌数冊をコンビニでちらりと(表紙だけ)拝見しましたが、モデルさんが着ているような茶色やえんじ色、深い緑などの秋色を同じようにまとうにはもう少し時間がかかるのではないかなぁと思ってしまいます。

 よく「おしゃれは先取り、おしゃれはガマン」なんて言うようですが、年々暑さ寒さが厳しくなり、体にこたえる環境になっているのは確実なので「もう少し気候に合わせた格好で…」とおしゃれはいったん置いておこうなんて考えるのです。

 これではみんながうらやむ“おしゃれ番長”は目指せません。そもそも目指すつもりもないほどおしゃれには精通していませんし、身の丈をわきまえていますが…。

 おしゃれ、というのは「さらされる」が語源になっているそうです。さらされて、余分なものがなくなった姿をおしゃれというようになった…といいます。洗練されたイメージでしょうか。他にも「気質、言動があか抜けている」「物事にこだわりがない」という表記がありました。

関連ニュース