記事詳細

【シネマパラダイス】短編映画「父の結婚」を再構築 ふくだももこ監督、長編初監督作「おいしい家族」

 映像と文学の両フィールドで活躍するふくだももこ監督の短編映画『父の結婚』をもとに再構築した長編初監督作。仕事も夫婦関係もうまくいかず、都会での生活にすっかり疲れた橙花(松本穂香)は母の三回忌もあり、地元の離島へと帰る。そこで目にしたのは亡き妻の服を着て家事をこなしている父(板尾創路)だった。さらに父から家に居候する中年男性と家族になろうと思うと告げられ-。みんな違って、みんないいが建前だけの中、本作の舞台はまさにユートピア。板尾を筆頭に、楽園を体現するキャスティングも抜群。上映時間1時間35分。20日公開。

 【ホンネ】普通って何なのだろう? それに縛られているから、どうにも生きづらい。“こうあるべき”の考え方代表の橙花が変われたように、視点や捉え方を変えたいが、どうやればいいの?!(映画評論家・安保有希子)★★★★

 ★5つで満点

関連ニュース