記事詳細

【酒井千佳の気分は明朗快晴】「なりたい自分」になるには…とにかく強い思いを持つこと (1/2ページ)

 先日、7歳下の友達から人生相談を受けました。この先どうやって生きていこうかと悩む20代後半。思えば私も26歳で局のアナウンサーを辞めて上京しフリーキャスターになったときは、とても悩んで迷っていたのを懐かしく思いました。

 「酒井さんはフリーになって成功している」と言ってもらうことが増えました。いち地方局のさえないアナウンサーで、才能もセンスもコネもなかった私が、今東京で毎日テレビに出られているのは奇跡だと確かに自分でも思います。

 私にあったのは、周りの人に恵まれている運の良さと、努力できる能力だけ。誰でも「成功」はできるものだと考えています。

 大事なのは「どういう自分になりたいか」を明確にすることだと思います。5年後、10年後の自分は何をやっていたいかイメージを明確にして、そこに対するアプローチを考える。そうすると今どうすべきか、というのが見えてきます。思いが強ければ強いほど、自分も努力できるし、周りの賛同や協力も得られます。

 そのためには、どういう自分になりたいか、それはどうしてか、という部分が具体的でなければいけない。説得力のある言葉で、より詳細に語れるようになるまで自分と向き合って考えることだと思います。

関連ニュース