記事詳細

【ぴいぷる】深川麻衣、乃木坂46は「ホント居心地がいい、大好きなグループでした」 フジ『まだ結婚できない男』出演 (1/3ページ)

 アイドルグループ、乃木坂46を卒業して早3年。女優として研鑽を積む彼女に心を躍らせるうれしいオファーが舞い込んだ。

 「会話のやりとりにクスっとしたり、切なくてキュンとしたり。高校生の時、『また来週がんばろう』と活力をもらったドラマなんです」

 2006年、“40歳独身男の本音炸裂”で話題になった「結婚できない男」。その13年後を描く続編「まだ結婚できない男」(火曜午後9時、フジ・カンテレ系)が8日から始まる。

 阿部寛演じる偏屈で皮肉屋だが、どこか憎めない、いまだ独身の建築家・桑野信介が新たな女性と出会い、再び運命の歯車が動き出す。その1人で、桑野の隣の部屋に引っ越してくる謎の女性・戸波早紀を演じる。

 「早紀は喜怒哀楽がハッキリしていて、見ていて飽きないし、毎回、台本を読むのが楽しみ。前作に出てきたキーワードや物などもちりばめられていて、前作のファンはもちろん、初めての方も楽しめます」

 共演者の阿部、吉田羊、稲森いずみら実力派の演技を間近に見て「学ぶことが多いですね」と目を輝かせる。

 芸能界に憧れたのは中学1年の時。ファッション誌などで活躍する同世代の姿に心を奪われた。

 「学生時代はずっと、人前で何かするのが苦手で、国語の授業で音読するのも、おなかが痛くなるぐらい緊張して…。でも、漠然と自分を表現するお仕事をしたい、自分の殻を破りたいという気持ちはありました」

 高校卒業後の上京は勇気が出ずに断念する。

関連ニュース