記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】好きな人と汗だくで… つかる足湯はムフフ (1/2ページ)

★其ノ参百壱

 「混浴っていうから、ワクワクしてたんですよー。そしたら、足湯だったんです。まぁ、足湯は混浴ですけどね」とがっかりしていた男子がいた…、そんな話を聞いたことがあります。

 漫才だったか、漫画だったか…。おそらくお仲間にからかわれてしまったのでしょう。がっかりした彼の様子を想像すると笑ってしまいます。ムフフな気持ちがあるのは若い男子なら健全といえば健全ですね。

 ロケの映像でも、足湯に美女がつかっているシーンを見かけますが、男性芸人さんたちがその映像を見て「おおおー」と盛り上がり期待して、そこで足湯シーンだと分かり「ああん、足湯かー」と残念がるのがお約束だった時期もあったようです。今ではすっかりそういう映像も減りましたね。コンプラなんちゃらで問題があるのかもしれません。

 足湯の存在的旗色が悪いのかなと思いましたが、私は足湯は「全身浴よりも汗の出る、発汗作用効果絶大な入浴行為」だと信じています。

 初めて足湯を本格的に体験したのは20代の終わり頃でした。足のマッサージをしてくれる専門店でマッサージ前に足湯をどうぞ、という流れでした。足湯をする前に必ず下着も脱いでお店の用意する服に着替えてほしいと言われ、「足湯だけならスカートのままでだめなのかな」と疑問に思いつつ、いざお湯の入ったおけに足を投入。

関連ニュース