記事詳細

鬼才・松尾スズキと別格・中山美穂が仕掛ける珍作 映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」 (1/2ページ)

 25日公開の映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』。主人公は脚本家の海馬五郎。演じるのは鬼才・松尾スズキ(56)。監督・脚本も務めている。R18+(18歳以下入場不可)だ。

 とにかく笑える〇作だ。〇作に傑作、快作、佳作はどうも当てはまらない。かといって愚作、失敗作、駄作と切り捨てるひどさもない。強いていえばとにかく笑える“珍作”。突っ込みどころ満載で、物語が刺さる世代にはあるある感を抱かせるが、刺さらない世代には失笑されかねない。

 海馬の妻は元女優。中山美穂(49)が演じる。若い頃、中山美穂に魅了された人は大抵、中山美穂を別格化しがちだ。このキャスティングもそのにおいがする。

 妻が浮気をしている。オーディションに来た女優から情報がもたらされる。情報が書かれていたのはフェイスブック。これが旧世代の男女向きのツールすぎてという突っ込みどころその1。SNSで夫や妻や恋人の浮気を疑う設定の既視感が突っ込みどころその2。

 海馬は妻の浮気を疑う。裏を取ることもなく決めにかかる浅はかさが突っ込みどころその3。

 離婚をしよう。だが財産が半分取られる。それはたまらない。じゃあ、使ってしまおう。いやいやいや、映画に嘘はあってもいいが、妻の不貞が離婚原因なら逆に不貞相手から慰謝料を取れる時代だよというのが突っ込みどころその4。

関連ニュース