記事詳細

意外!?「紅白司会」綾瀬はるか起用のワケ

 今年の大みそかの顔が決まった。NHKは17日、令和最初の「第70回NHK紅白歌合戦」について、白組は嵐の櫻井翔(37)、紅組は女優、綾瀬はるか(34)が司会を務めると発表した。総合司会は3年連続でウッチャンナンチャンの内村光良(55)となった。

 櫻井は昨年に続き2度目だが、綾瀬は2013、15年以来4年ぶり3度目の大役となった。

 紅組司会ではNHK連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインを演じた広瀬すず(21)が有力視されたほか、朝ドラ『スカーレット』の戸田恵梨香(31)らの名前も挙がったが、意外にも綾瀬が収まった形だ。

 「天然キャラの綾瀬は時間制約の厳しい紅白司会ではリスキーですが、それ以上に前回の司会でも見せた被災地に寄り添う姿が求められたようです」と放送関係者。

関連ニュース