記事詳細

小室哲哉氏やっぱりか… KEIKOと離婚調停報道 提示した生活費は「月額8万円」、年収は「600万円」と主張 (1/2ページ)

 やっぱりそうなるのねと鼻白んだ人も多いのではないか。昨年引退を表明した音楽プロデューサー、小室哲哉氏(60)が妻で歌手のKEIKO(47)と離婚調停中であることが報じられたのだ。そもそも昨年の引退表明は“不倫疑惑”に端を発したもので、しおれた表情で反省の弁を語っていたのは何だったのか。

 小室氏とKEIKOの離婚調停については24日発売の「週刊文春」が報じている。同誌によると、ほとんど音信不通となった小室氏に対し、KEIKO側が弁護士を立てて話し合いを申し入れたところ、離婚を前提とした「夫婦関係調整調停」を東京家裁に申し立てたのだった。

 「KEIKO側もいわゆる生活費の支払いを求める『婚姻費用分担請求』の調停を申し立てていますが、小室氏側が当初提示した生活費が『月額8万円』だったそうです。年収は1億円にのぼりますが、小室氏側は税金や経費を引くと収入は600万円台だと主張しているのです」とベテランの芸能リポーターは指摘。ミリオンセラーを連発したアーティストが現在は年収600万円台というのも、いささか耳を疑うような話だ。

関連ニュース