記事詳細

「徳井は無知でアホやったんです!」 電波を使って私的に庇う宮根誠司氏に視聴者が違和感 所得隠し問題で (1/3ページ)

 10月23日、FNNのスクープにより発覚した、お笑い芸人でチュートリアルの徳井義実さんによる、7年間約1億2千万円の所得隠しと申告漏れ問題。同日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)での、司会の宮根誠司さんの発言に非難が集まっています。

 まず番組では、徳井さんの所得隠しと申告漏れが東京国税局から指摘され、すでに納税と修正申告を済ませていることを解説。すると宮根さんは、「喋ったんですよ、徳井と。本人も言ってくださいって言うんですけど、結局、無知だったんです。徳井は」と明かします。

 さらに、

 関連記事:三崎優太氏の「1億8千万円のバラマキ」に群がる貧乏人コメント その中で一際異彩を放つ“貧乏タレント”の声 | TABLO

 「決算の時期だっていうふうに言われたらしいんです、税理士さんかわかりませんけど。わかりましたって言ってバタバタしてて忙しいって。これも徳井の言い訳ですけど、過ぎちゃった。決算の時期が。そこから言われなくなった。で、徳井は完全に無知でアホで、2年まとめて払えばいいや、次の年に。そんでまた決算の時期ですよって。それでバタバタして忘れた。じゃあ3年分まとめて払えばいいやっていう、完全な徳井の無知。納税義務というところを徳井はわかってなかった」

 と、悪意がないことを強調する口ぶりで続けます。スタジオのミッツ・マングローブさんと木下博勝さんは、「そんなことあるかよ」とあきれ顔で苦笑いしつつ、ミッツさんが「悪意があって意図的に無申告にしたわけではないってことですね」と確認すると、宮根さんは、「徳井をかばうわけじゃないですけど、徳井がアホというか、無申告っていうのは何もしないっていう」と、悪意のなさを念押し。

 一方、木下さんが「重加算税になったってことは、悪意があると認められたってことになるんですか?」と投げかけると、スタジオのフリップに記載された追徴課税に「重加算税」の記載がなかったことから、解説者の弁護士さんは「重加を認定したらそうですね」と言うに留めたのです。途中、前述の弁護士さんは「脱税よりも無申告は刑が軽い」といった法律を意識した意図的な無申告の可能性も指摘しますが、宮根さんはスルーしていました。

 そして宮根さんは、最後まで熱く擁護したのです。

 参考記事:スリムクラブも「闇営業」で反社から現金授受 関係者が語る「バカの集合体だから、まだまだ処分される芸人が出てくるハズ」 | TABLO

 「バカだったんです。無知だったんです。納税毎年しなきゃいけないのを認識してなかった。徳井はしっかり反省しなきゃいけないけど。フォローするわけじゃないけど、金ちょろまかそうってヤツじゃないですよ。ただただアホだった。じゃないと無申告しねーもん。バカですよ! 無申告っていうのはバカですね。おまえ漫才は天才だけど、ここはバカだから。ちゃんと謝って、ね。徳井もバカだなー」

 そうなると生まれるのは、視聴者との温度差。

TABLO

関連ニュース