記事詳細

石田ゆり子が次々と優良物件購入、「不動産王」への道 (1/2ページ)

 「朝起きて、冷蔵庫を開けたら、靴下が入っていたことがあったんです。自分でもなんでかわからないんですけど」

 10月20日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)でそんな仰天エピソードを明かした石田ゆり子(50才)。10月3日に50才の誕生日を迎えたが、かわいらしい“天然”ぶりと若々しさは健在だ。

 11月1日月公開の映画『マチネの終わりに』では二十数年ぶりとなる福山雅治(50才)との共演が話題になるなど、仕事もますます充実しているようだが、『おしゃれイズム』収録時にはこんな気になることも口にしていたという。

 「“知人の家にペット専用の部屋を作ってもらった”という話がありました。ただ、実際の放送ではカットされました。番組宣伝では、石田さんの“自宅公開”と告知されていましたが、インテリアが少し紹介された程度。どうも自宅についてあまり語りたがっていないように見えました」(番組関係者)

 石田は20年ほど前に購入したマンションを売却し、一昨年5月に都内の高級住宅地に地上3階建ての一戸建てを新築していた。土地の広さは130平方メートル以上、建物も含めて価格は3億円を下らないという。

 「石田さんは現在ゴールデンレトリバーの『雪ちゃん』と、4匹の猫と同居中。前のマンションは大型犬と猫をまとめて飼うには手狭で、もっと広い家に住まわせたいという思いから豪邸に引っ越したそうです」(石田の知人)

 しかし、10月上旬『マチネの終わりに』の舞台挨拶後、石田が帰っていったのは、この豪邸ではなく都心のマンションだった。そのマンションは、今年2月に石田が購入したものだった。

NEWSポストセブン

関連ニュース