記事詳細

菜々緒“イメチェン”失敗!? 「4分間のマリーゴールド」低空飛行 悪女キャラのイメージ強く…“恋多き女”もアダに? (1/2ページ)

 俳優、福士蒼汰(26)が主演を務め、女優、菜々緒(30)がヒロインを演じる『4分間のマリーゴールド』(TBS系)が早くも視聴率1桁台に突入し、苦戦を強いられている。そんな中、局内では早くも戦略ミスを指摘する声が浮上しているという。

 人気漫画を原作とした同作は、手を重ねた人の「死の運命」が見える救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描いている。

 2人のほか、イケメン俳優としてブレーク中の横浜流星(23)も出演、これまで悪女役を熱演してきた菜々緒が清純派のヒロインを演じることなどもあり、注目されていた。

 しかし今月11日放送の初回こそ平均視聴率10・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2桁の大台に乗るも、18日の第2話は7・8%、25日の第3話は7・6%と右肩下がり。厳しい状況について同局関係者はこう語る。

 「菜々緒さんは今回、ナチュラル系のヒロインらしく、前髪をバッサリと切ったニューヘアスタイルで臨むなど意欲満々です。一方、これまでの作品で見せてきた悪女役のイメージが強く、原作ファンからもキャスティングに疑問の声が上がっていました」

 さらに、ドラマの番宣のためにゲスト出演したバラエティー番組での告白にも厳しい声が。

関連ニュース