記事詳細

“芦田愛菜プロ”待望論!? 祝賀パレード「祝賀御列の儀」中継コメンテーター (1/2ページ)

 いよいよ10日に迫った天皇、皇后両陛下の即位をお祝いするパレード「祝賀御列の儀」。NHKと民放各局も中継を予定しており、趣向をこらした番組がみられることだろう。そんな中、ある女優をコメンテーターとして待望する声が上がっているのだ。

 皇室関係の番組のコメンテーターといえば、これまで皇室ジャーナリストやベテラン女優が務めることが大半だった。高度な知識や言葉遣い、立ち居振る舞いが求められるからだ。

 ところが10月22日に「即位礼正殿の儀」が行われた際、NHKの特番のコメンテーターとして出演したのが女優、坂下千里子(43)だったため、ネット上がざわついた。

 「坂下はバラエティータレントのイメージが強いですが、最近はママタレとして活躍する一方、NHKの国際ニュースの解説番組『これでわかった!世界のいま』にも出演しており、決して場違いなキャスティングではなかったのです。しかし視聴者はどうも違和感を覚えたようです」と放送関係者。

 ふたを開ければ、いわゆる“主婦目線”を意識したようなコメントに対し、ネット上では「コメントが薄い」「安っぽい」「もうアップアップ」、そして揚げ句は「かわいそう」と散々なことに。

 そんな中、パレード中継のコメンテーターとして待望する声が上がるのが、女優の芦田愛菜(15)だ。年齢に似つかわしくない落ち着きぶりやたたずまい、そして対応力から“芦田プロ”とも呼ばれる彼女。

関連ニュース