記事詳細

波瑠vs高畑充希 秋ドラマ「女性の葛藤物語」の勝者は? (1/3ページ)

 女性の生き方について考察するドラマはトレンドの一翼を担っている。もちろん、多様性が叫ばれる時代の空気と不可分ではない。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

* * *

 今期のドラマにおいて注目の2作品。よい意味でライバル同士とも言えるのが『G線上のあなたと私』(TBS系火曜午後10時)と『同期のサクラ』(日本テレビ系水曜午後10時)でしょう。テーマ性やメイン視聴者層も共通するものがあります。描かれているのはいずれも「自分らしく生きていくにはどうしたらよいのか」ということ。こうした時代だけに、多くの人々の関心に届きそうです。

 『G線上のあなたと私』はバイオリン教室で出会った稽古仲間の、人間関係や恋愛をからめつつ、主人公・也映子が生き方を探っていく物語。也映子に波瑠、主婦・幸恵に松下由樹、そして朝ドラで一久さんとして登場した新進気鋭の中川大志の三人組。

 中でも、見所の一つが中川さんの演技でしょう。朝ドラ『なつぞら』ではヒロインの夫役でしたが、あまりに良い人すぎてちょっと物足りなかった。しかし、それも一久さんという役柄の話。今回中川さんが演じている理人は、不器用で内向的で思いを胸一杯に抱えている大学生。そんな理人を、中川さんは的確に演じています。

 ご本人もまだ21才ながら、甘すぎない。チャラくない。腰が据わっていて落ち着きも感じさせる。役者としてのこれからに、期待を抱かせてくれています。第3話で見せた「シャッタードン」シーンに胸キュン視聴者が大騒ぎとなりましたが、それもこれも理人の内向的で抑え目の演技を、まずはしっかり演じ切ったことが、効いています。

NEWSポストセブン

関連ニュース