記事詳細

【立川志らべ 週間BSマップ】久世光彦の“にくい演出”がたまらない BS12「ムー」 (1/2ページ)

 ★ドラマ「ムー」<11月11日(月)午後7時BS12>

 BS12 トゥエルビがまた期待に応えてくれます。11日午後7時から「ムー」が2話連続で放送開始となるのです。

 BS12では「肝っ玉かあさん」「ありがとう」「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」と、かつて大ヒットしたホームドラマを次々と放送してくれています。私がこれらの放送を全話見ているというのは、別に暇だからというわけではありません。いわゆる芸の勉強なのです(多分…)。

 「ムー」も見たことないんだよなあと思っていたら、今月から始まるという、なんたる間のよさ! 東京は築地にほど近い新富の老舗足袋屋さん「うさぎ屋」を舞台に、一家と周囲の人々が繰り広げるホームコメディーです。今でも新富町には老舗の足袋屋さんがありまして、私も数カ月前に購入したばかり。なんとも親近感がわきます。

 このドラマの特徴はやはり久世光彦演出作品ということでしょう。「寺内貫太郎一家」や「時間ですよ」の雰囲気がたくさん残っているので、安心して見られるのです。当時人気絶頂の郷ひろみと、樹木希林(悠木千帆・改め)が初コンビを組んでいるのが目を引きますね。店の主人には伊東四朗。おかみさんに渡辺美佐子。長男に清水健太郎、長女に五十嵐めぐみ、次男が郷ひろみ。樹木希林は厚かましいお手伝いさんという役です。

関連ニュース