記事詳細

落選からわずか3ヶ月 市井紗耶香の芸能界復帰にモヤモヤ 自身のタトゥーについて驚きの発言 (1/2ページ)

 7月に立憲民主党から比例代表で立候補し落選した元モーニング娘。の市井紗耶香さん(35)が落選からわずか3か月での芸能界への復帰を宣言。さらに11月5日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、自身のタトゥーについて驚きの発言をしたとして、ネットでブーイングが起きています。

 関連記事:市井紗耶香さん立憲民主党から立候補 後藤真希の弟と付き合い秒速で別れ、ハッピーサイエンスな雑誌の表紙を飾る「迷走っぷり」 | TABLO

 市井さんは番組にて、SNSなどで批判を受けたという自身のタトゥーについて言及。市井さんは自身の左耳の後ろに入っているタトゥーについて、国会議員にはふさわしくない、なぜ消してないという意見があったとしながら「人それぞれ、色んな生き方があっていいと思っていて」と持論を展開。さらに、タトゥー否定派がいることについては「もちろんタトゥーに関して、偏見だったり色んな気持ちをお考えの方もいらっしゃると思う」とした上で、皆の意見が一つになるのはとても難しいだろうと結論。さらにタトゥーは亡くなった母への思いを込めたものであることを明かし、「別に消したところで何になるのかな、ていうのが素直な感想」とキッパリ。落選に関しては「あの時はあの時でやりきれたので、決して後悔はしていない」とのことで、今後については「次に向けて自分自身がどう歩んでいくかというところは、温かく見守っていただければうれしいなと思います」と視聴者にメッセージを送っていました。

 この市井さんの言葉にモヤモヤした人は多かったようで、ネットでは「消したところで何になるのか」という部分について「考え方未熟だね。バイトの面接行くのに『髪黒くして何になるの?』と言ってるようなもの」「開き直りと言うんだよ、そういうのは。タトゥーは好きにしたらいいけど、税金をもらって国民の代表として仕事するなら信用を得られるように自分を律するのが誠意というもの」といった声が。

TABLO

関連ニュース