記事詳細

日本民間放送連盟賞グランプリ 芳根京子主演のHTBドラマ「HTB開局50周年ドラマ チャンネルはそのまま!」

 民放連は、日本民間放送連盟賞のテレビグランプリに北海道テレビ放送「HTB開局50周年ドラマ チャンネルはそのまま!」を選んだ。新人テレビ記者の奮闘を描く物語で、テレビの面白さや可能性を示した点が評価された。

 札幌在住のマンガ家、佐々木倫子氏の人気コミックが原作。女優の芳根京子が主演し、同局の人気番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクターの藤村忠寿氏が監督、嬉野雅道氏がプロデューサーを務めた。

 ラジオグランプリは南海放送「緊急放流=逃げろ! 誰が命を奪ったのか」で、2018年の西日本豪雨で犠牲者を出した愛媛県の河川氾濫を調べ被害の原因を探った。

 準グランプリは、テレビが福井テレビジョン放送「聖職のゆくえ 働き方改革元年」、ラジオがCBCラジオ「マリエのように」だった。4番組は3カ月以内に全国放送される予定。