記事詳細

【中本裕己 エンタなう】不遇だが不幸ではなかった天才画家の実像 「永遠の門 ゴッホの見た未来」

 いま、東京・上野の森美術館で熱い視線が注がれている「ゴッホ展」の盛況を当の本人は予見しただろうか。映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」(公開中)に描かれた生涯は一見すると不遇。変人扱いされたことはよく知られているが、それでも、未来の評判を確信したような目線と“筆致”に圧倒される。

 パリで全く評価されないゴッホ(ウィレム・デフォー)は、会ったばかりのゴーギャン(オスカー・アイザック)から「南へ行け」の助言を受け南仏アルルへ向かう。水を得たように広大な畑をひたすら歩き、丘に登って太陽に近づき、画材を取り出す。

 画家でもあるジュリアン・シュナーベル監督の手ほどきで、デフォーが握る絵筆には迷いなく、ゴッホが乗り移っているようだ。手持ちカメラの揺れや、フィルターがかかった画像はゴッホの目線そのもの。他の画家とは違う何を見ていたのか、バーチャルで体感できる。

 いたずらやセクハラを疑われ強制入院させられるゴッホ。面会にきた牧師(マッツ・ミケルセン)は、絵のタッチを「不快」と断罪するが、ゴッホは「人を不快にさせる才能も神に選ばれたもの」と、自身の存在意義を見抜いていたかのよう。自殺説とは異なる視点で描かれる最後も、不遇だが不幸ではなかった新たなゴッホ像だ。

 30代半ばのゴッホを演じる60代のデフォーに違和感はなく、本作でベネチア映画祭男優賞を得たのも頷ける。(中本裕己)

関連ニュース