記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】前代未聞!所属レコード会社から告げられた“絶縁” トラブルの責任を社長が放棄 (1/2ページ)

 「彼女は、この業界に置いてはいけないアーティスト」

 20年前の1999年11月12日。この一言が芸能界に波紋を広げた。この発言の「彼女」とは日本の歌謡界で“歌姫”と呼ばれてきた歌手の中森明菜。発言の主は当時、明菜が所属していたレコード会社「ガウスエンタテインメント」の社長だ。

 「記者会見で記者や芸能リポーターの前で何もためらいもなく突然に言い放ったわけですから当然、大騒ぎでしたよ」

 会見を取材した記者はそう振り返るも「芸能事務所やレコード会社は、どんなことがあっても所属アーティストを守り抜くのが本来の姿だと思うのですが、会見は真逆でした。理由はともかくレコード会社の社長が所属アーティスト、それも中森明菜を名指しで…。しかもメディアの前で“業界から消えろ”なんて前代未聞でした」。

 ガウスは97年にカラオケの最大手「第一興商」が明菜のために設立した新興レコード会社だ。社長は第一興商の制作本部長を兼務する形で就任し、明菜とは98年1月に契約を交わした。

 「トラブル・メーカーだった明菜をコントロールすること自体、至難の業といわれていた。それでも契約を結んだのは、ビジネスとして大きな魅力があったから。ただ改めて思うのは、やはりカラオケ会社が手を出すようなアーティストではなかったということ」とプロダクション関係者。

 ガウスとはわずか2年で“絶縁”となった。しかし、その間にシングル5枚とアルバム2枚を発売してきた。

関連ニュース