記事詳細

【大人のTV】岡田圭右の“天敵”登場! 長丁場の「脳ベルSHOW」 BSフジ「11時間テレビ2019全国対抗!脳トレ生合戦!!」(16日午前11時)

 夕刊フジ読者にはおなじみのBSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」。芸能界の大ベテランたちが脳トレ問題に挑戦する番組だが、今回は11時間の生放送で脳トレクイズだけでなく、歌やゲームに挑戦する。

 今年で3回目だが、この恐るべき長丁場に挑むのは番組MCの岡田圭右と川野良子アナ。いつものような見事な手綱さばきを最後まで見せることができるか注目される。

 とはいえ、岡田は「毎週の収録も月から金まで5本を一気に録ってるから、毎回11時間やってるようなもんですから」と結構強気な面も。

 しかしゲストには、番組のシェフを自称する岡田が最も“難敵”とみる大木凡人(74)の名前も。「正直、大木さんという素材は味見の段階でおなかを壊しますよ。飲まれてしまうときもある。それでもあの年齢でこれだけ頑張っているんだから、私も負けられません」と意気込みをみせる。

 さらに注目はTKJPのコーナーだ。略しているので分かりにくいが、「たたいて、かぶって、ジャンケンポン」のことだ。昨年はなんと長州力と前田日明という、プロレスファンから見ると、とんでもない因縁の対決が繰り広げられたのだ。長州と前田がしばきあったのだから夢のようだ。

 で、今年もその長州が暫定チャンピオンで出演。超大物レスラーも参戦するというから目が離せない。プロレスファンの岡田にとってもたまらない戦いだろうが、実はかなりのテレビっ子だった岡田だが、金曜夜8時は「3年B組 金八先生」にチャンネルを合わせていたそうだ。

 そのほか、脳ベル演芸SHOWでは、電撃ネットワーク、栗田貫一、青空球児・好児というレジェンド芸人3組が登場する。これまたBS放送ならでは、いや「脳ベルSHOW」ならではの組み合わせだ。

 11時間見続けることができるか。視聴者も戦いだ。(F)