記事詳細

【こだわりの極意】立ち飲み屋で“鮭フィーバー”! 東京・杉並区「しゃけスタンド」

 またすてきな店と出合ってしまった。

 それが「しゃけスタンド」。東京・杉並は和泉の「めんそーれ大都市場」という、言ってみれば街興しのために作った“沖縄タウン”的なものの中にある「しゃけ小島」という名店の3号店にして立ち飲み屋。

 ロケや舞台終わりで行くと疲れるので、立ち飲み屋はほとんど行かないのだが、なぜかここは疲れない。

 カウンターの高さが実に体に合う。

 名前の通り、鮭に特化した店。焼き鮭はもちろんのこと、おでんの具には鮭のつみれ、煮込まれた豆腐の上にイクラを乗っけて出すイクラ豆腐、鮭コロッケをはじめ、さまざまな鮭料理がラインアップにある。

 それより、驚いたのは普通はキワモノ的な立ち位置にあるはずの鮭カレー! かれこれ15年ぐらい前に行ったヒマラヤの山岳民族が作ってくれた、客人をもてなすジャガイモだけのカレーのような味わい。

 もちろん、それのかなり進化版ではあるものの一から作る、その真心に感動。

 何より立ち飲み屋の醍醐味(だいごみ)というべきか、作っている様子をカウンターからじっくり見ることができるのだ。

 油をひき、少しずつ食材やスパイスを炒めていく工程は目を離すことができない。おまけに米はパスティカ米という本格派。具には当然、大ぶりな鮭が入るが、びっくりしたのがトッピングで頼むことができる、いくらヨーグルト!

 これはさすがに合わないだろうと思って面白半分に頼んだら、これがまた合うのなんの! ウンウンうなりながら完食。

 その瞬間に明日も来ちゃおうかなと思わせる居心地の良さ。冷酒の品ぞろえもなかなか。グラスは小さいが、ほとんどが1杯200円から300円程度。平均的には飲んで食って3000円を切る。すごい店がまだまだあるな。

 ■高嶋政宏(たかしま・まさひろ) 1965年10月29日生まれ。東京都出身。87年、映画「トットチャンネル」で俳優デビュー。昨年出版した「変態紳士」(ぶんか社)も大ヒットした。CS旅チャンネルで「高嶋政宏の旅番長“激動!ベトナム縦断編”」が放送中。

関連ニュース