記事詳細

宮迫博之、来年1月さんまの舞台で復帰か デイリースポーツ報じる

 反社会的勢力との闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊、宮迫博之(49)が年明けに舞台に出演、復帰するという情報が飛び込んできた。それを後押しするのが、タレントの明石家さんま(64)という。20日付のデイリースポーツが報じている。

 今夏、一連の闇営業問題で社会を騒がせた宮迫。反社会的勢力から出演の対価として100万円を受け取っていたことも発覚し、所属する吉本興業から契約解除を通告された。だが、その後、吉本側の対応を批判する会見を開いて逆襲。今度は、吉本が契約解除を「解除」するという笑えない展開に。宮迫本人が吉本と決別する形で騒動はうやむやとなり、事実上、おおやけの場から姿を消していた。

 復帰は来年1月、東京で開催される、さんま主演の舞台とされるが、テレビの出演再開はいまだハードルが高く、完全復帰への道のりは遠い。

関連ニュース